韓国・現代自に国産化率引き上げを要請=ズン副首相

 ベトナムのチン・ディン・ズン副首相はこのほど、韓国・現代自動車の鄭鎮行副会長と会談し、ベトナム企業への技術移転の促進と国産化率を最低40%以上に引き上げるよう要請した。ベトナム紙ベトナム・ニュース(電子版)などが伝えた。

 ズン副首相は会談の中で、「自動車産業の発展はベトナムの工業化戦略における重要な柱だ」と強調。今後について「一貫性、継続性、透明性、競争力の向上等」の原則に沿って新しい政策を策定し、持続可能な自動車製造業の発展を確実にしたいと語り、現代自動車を含む韓国自動車メーカーはベトナムの国際統合や多様性で大きな国内市場という利点を活用し、より一層、世界のバリューチェーンに参入できるとの見方を示した。
 一方で鄭氏は、ベトナムで投資を拡大し、技術移転を行う考えも明らかにした。
 現在、現代自とベトナムのタインコングループによる合弁会社ヒュンダイ・タインコンが、現代自動車ブランドのサンタフェやツーソンなどの組み立て部品を輸入している。現代自の傘下にある起亜についても、チュオンハイ自動車(Thaco)がチューライ経済区で組み立てており、軽・大型トラックはThacoとタインコンが組み立てている。ベトナム製の起亜トラックと乗用車の多くは高い国産化率を実現しており、エンジン以外はすべてベトナムで製造されている。(時事)