海事局、コンテナ保管料の免除・引き下げ要請

 ベトナム運輸省傘下の海事局は7日公表した書面で、業界関係協会、港湾、海運各社が支払うコンテナの長期保管料の免除ないし引き下げを求めた。コンテナ所有者による保管貨物の引き渡し促進を目指す。国営ベトナム通信(VNA)が伝えた。

 海事局はまた、コンテナ所有者と製紙、プラスチック、鉄鋼など各業界の協会は、船舶、港湾各社と連携し、どのコンテナ所有者が料金免除もしくは減額料金の対象になるかを見直す。
 今回公表された書面によると、国内の港にあるスクラップ入りのコンテナは、ハイフォン港の7000個を含め、1月25日時点で2万4100以上に達している。
 コンテナの保管期間が90日未満の場合、企業は規則に従い、通関手続きができる。ただ、ある港では約3000個のコンテナが90日以上も保管されている。コンテナの撤去を求めるため、関係当局は積極的にコンテナ所有者を探している。(時事)