3月新車販売、54%増=輸入規制の反動-トヨタ、ホンダは2倍

 【ハノイ時事】ベトナム自動車工業会(VAMA)が10日発表した3月の新車販売台数(VAMA加盟社以外の輸入車も含む)は、前年同月比54%増の3万2308台だった。ベトナム政府の自動車輸入規制によって売り上げが低迷した前年の反動で大幅に伸びた。メーカー別で首位のトヨタ自動車、2位のホンダはいずれも前年の2倍に達した。

 メーカー別の3位はビナマツダ、4位は三菱自動車で日本勢が上位を独占した。車種別では乗用車が2万2528
台、商用車は8917台、ダンプ車やトラクターなど特装車863台となった。
 1~3月の販売状況は前年同期を31%上回った。