ビッグC、地元業者からの衣料品調達を中断=他の外資系小売りへの波及を懸念

 【ハノイ時事】ベトナムのオンラインメディア・ジングは3日、タイ系の大手スーパー・ビッグCがベトナムの衣料品業者からの商品調達を中断すると伝えた。ビッグCの運営会社が業者あてに2日付で通知した。親会社であるタイのセントラル・グループの戦略変更が理由としている。記事は、ベトナムに進出している外資系小売業者の間で現地業者の排除が広がる恐れがあると指摘し、懸念を示した。

 これに関連して、衣料品や繊維会社の代表らがホーチミン市内のセントラル・グループの事務所を訪ね、今回の方針に反対する意向を伝えた。