フック首相、主要各国との貿易強化を指示=関係省庁・機関と会合

 ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、ベトナムと各主要国との貿易促進策を話し合うための会合をハノイで開催した。首相は各省庁および関連機関に対し、国内生産を促進し、雇用を創出するとともに、平等かつ相互利益の原則の下で主要各国と調和が整合した貿易関係を促進する必要性を指示した。国営ベトナム通信(VNA)などが伝えた。

 フック首相は会合で、「マクロ経済を確たるものとし、国家成長の維持と持続可能な発展には主要各国との貿易拡大が欠かせない」と強調。障害を取り除くことで外国企業、特に環境に優しい高度な技術と巨額な資金力や地域およびグローバルなサプライチェーンを有する企業が、ベトナムで効果的に事業を行うのを容易にするだろうと述べた。
 各出席者は、各省庁などが公表した報告書を精査し、ベトナムと米国、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、日本、韓国など各主要国との貿易関係の概要を確認。持続可能でバランスの取れた貿易関係を双方が築き、生産地偽装などを防止するための具体的な解決策と行動計画が提案された。
 フック首相は、金融財政やIT・サイバーセキュリティー関連の政策・制度の整備を各関連省庁に要請。予期せぬ事態に備えた計画を立案するよう求めた。(時事)