旅行大手ベトラベル、UPCoMに登録へ=ハノイ証取が承認

 オンラインメディアのVNエクスプレスなどによると、ベトナムのハノイ証券取引所はこのほど、地場旅行大手のベトラベルに未上場公開株取引市場(UPCoM)への登録を承認した。株式コードは

「VTR」、登録株式数は1264万株超。ただ、具体的な登録日は明らかにされていない。
 またこの日、ベトラベルは株主のリストは明らかにしなかった。同社は航空子会社「ベトラベル航空」のための資金調達で7000億ドン(約3020万ドル)の社債を発行、株主に承認を求めることになっている。
 ベトラベル航空は今年2月、トゥアティエンフエ省に資本金7000億ドンで設立されたベトラベルの100%子会社で、4月には同航空の設立許可を航空当局へ申請したことを明らかにした。
 ベトラベルはかつて、運輸省傘下の運輸交通投資開発公社(トラコディ)の下でトラコディツアーとして業務を行っていたが、2014年に運輸省が民間投資家に売却した。18年の連結財務諸表によると、同社の18年の売上高は前年比17%増の7兆2300億ドン、税引き後利益は同55.8%増の372億ドンに達した。
 現在ベトナムには、ベトナム航空やベトジェットエアなど六つの航空会社があり、地場観光大手のティエンミン・グループが設立したティエンミン航空とベトラベル航空が7社目を競っている。(時事)