18年の高額納税企業トップ1000社公表=1位ベトテル-税務総局

 ベトナム税務総局はこのほど、2018年の法人所得税納付上位1000社(V1000)を公表した。1位は通信大手ベトテル、2位はホンダ・ベトナム、3位はPVガス、以下、ベトナム外商銀行(ベトコムバンク)、サムスン電子ベトナムが続いた。ベトナム紙ベトナム・ニュース(電子版)などが伝えた。

 1000社の合計納税額は前年比8.3%増加。法人所得税総額の60.3%を占めた。非国有企業が多く、1000社の納税総額の66.4%に達した。業種別の納税額の割合は、製造・加工業33.4%、金融・銀行・保険18.8%、不動産10.7%だった。
 地域別に見ると、1000社はハノイやホーチミン市、ドンナイ省、ビンズオン省といった大都市や工業団地の多く集まる地域で事業を展開している。17年との比較では、299社が入れ替わった。高額納税企業の公表はこれが3年目。(時事)