10月の新車販売、0.3%増=輸入車は1~10月累計で2.1倍-VAMA

 【ハノイ時事】ベトナム自動車工業会(VAMA)が11日発表した10月の新車販売台数(VAMA加盟社以外の輸入車も含む)は前年同月比0.3%増の2万8948台だった。トラックは伸びたものの、乗用車、商用車は振るわなかった。輸入完成車は1万2542台で16%増えた。

 車種別に見ると、乗用車は2万1355台、商用車は7228台だった。1~10月の累計販売台数は前年同期比15.9%増の25万9282台。このうち、輸入車は前年同期の約2.1倍の10万6138台に膨らんだ。
 10月の新車販売をメーカー別に見ると、トヨタ自動車が7216台で引き続き首位だったが、前年同月に比べ14%減少した。2位の三菱自動車は多目的車(MPV)アウトランダーなどの好調を背景に約2.8倍の3566台となり、フォード・モーター(3114台)、ホンダ(3058台)などが続いた。