電子商取引指数、5位アップの世界64位=UNCTAD報告

 オンラインメディアのVNエクスプレスによると、国連貿易開発会議( UNCTAD)がこのほど発表したオンラインショッピングへの適応状況を示す「B2C電子商取引指数」2019年版において、ベトナムは以前より5位順位を上げ、64位となった。スコアは100点満点中61.1点で、多くの東南アジア諸国を上回った。

 東南アジア諸国では、シンガポールが3位、マレーシアが34位だったほか、タイ(48位)、インドネシア(84位)、フィリピン(89位)、ラオス(113位)、カンボジア(122位)、ミャンマー(126位)と続いている。
 ランキングの対象は世界152カ国・地域で、オンラインショッピングとの関連性が高い四つの指標(インターネットサーバーのアクセス性、配送サービスの信頼性、人口に占めるインターネット利用率、15歳以上の金融機関またはモバイル決済口座の保有率)に基づいて評価されている。
 この報告によると、ベトナムのインターネット利用率は70%で、15歳以上の決済口座保有率は31%。安全なインターネットサーバーの接続率は66%、配送サービスの信頼性は77%だった。
 また、ベトナムではインターネット利用者の31%、人口(9400万人)の19%がオンラインショッピングを利用していることが示された。グーグルなどが最近発表した調査報告によると、ベトナムの電子商取引(EC)市場は今年の段階で50億ドル規模とみられており、2025年には230億ドル規模に達すると見込まれている。(時事)