19年の税引き前利益3030億ドン=20年は1兆ドン超見込む―バンブー航空

 ベトナム・バンブー航空会社のダン・ダット・タン会長は、2019年の税引き前利益が推定で3030億ドンになったことを明らかにした。オンラインメディアのベトナムプラスが8日伝えた。同会長は、20年の利益は1兆0250億ドンに達するとの見通しを示した。

 タン会長はまた、「20年4~6月期に、ホーチミン証券取引所での株式上場を計画している」と語った。
 バンブー航空は19年1月に運航を開始。年間の旅客数は推定で300万人となり、フライト回数は約2万回だった。20年には国内市場で30%のシェア獲得を目指す。国内線で60路線、国際線で25路線の合計85路線にサービス網を拡大させる。保有機も現在の25機から100機まで増やすとしている。(ハノイ時事)