米フォード、ベトナム北部で工場拡張=年産能力4万台へ8200万ドル投資

 【ハノイ時事】米国の自動車大手フォード・モーターが約8200万ドルを投資し、ベトナム北部の工場を拡張する見通しになった。ロイター通信が14日、伝えた。工場拡張により、年間生産能力を現在の約2.8倍の4万台に引き上げる。

 ベトナム市場でのフォード車販売台数は2019年時点で、31%増の3万2175台だった。投資は今年から2年間かけて実施される。工場の敷地面積は6万平方メートル増え、22万6000平方メートルになる見込み。
 ベトナム商工省のドー・タン・ハイ次官は、工場拡張を通じて輸入車への依存度が低下し、貿易赤字の削減につながることを期待する考えを示した。