中国との国境貿易再開を指示=フック首相

 ベトナムのグエン・スアン・フック首相は5日、新型コロナウイルスの感染拡大で制限していた中国との国境貿易の再開を指示した。経済活動への影響を考慮し、ウイルスの拡散を防ぐ安全対策を遂行していれば列車や航空機も両国間の運用を継続できると判断した。オンラインメディアのVNエクスプレスなどが伝えた。

 ベトナムでは、テト(旧正月)休み後に中国との国境ゲートが閉鎖となり、ドラゴンフルーツやスイカを積んだ数百のコンテナが中国に入国できず滞留していた。6日には、ランソン省のタンタイン国境ゲートでは60基のコンテナが中国に入国。あと200基以上が待機していた。
 中国はベトナム農林水産物の最大輸出先で、2019年の輸出額は約85億ドルと同部門の輸出全体の27.8%を占めた。(時事)