ハイフォン市、高架道路建設など二大プロジェクトに着手=総投資額3兆ドン

 16日付ベトナム紙ベトナム・ニュース(電子版)によると、北部最大の港湾都市ハイフォン市は、総投資額約3兆ドン(1億3050億米ドル)に上る二大プロジェクトにこのほど着手した。

 プロジェクトの一つは、グエンバンリン通りの高架道路建設で、幅19メートル、長さ約290メートル。投資額は1兆4000億ドン以上。完成予定は2019年で、開通すれば、国道5号と市中心部、ファムバンドン通りと市南部が連結する。
もう一つのプロジェクトは、タムバック川(ラックロン橋からタムバック公園にかけての流域)の改修で、投資額は1兆4000億ドン以上。改修作業は、川のしゅんせつ、鉄筋コンクリートの堤防の建設、川沿いの歩道の整備など。19年完成予定で、歩道は市内初の歩行者専用道路になるという。
 ハイフォン市は、ハノイ市に次ぐ北部第2位の都市として、運輸と海洋経済の発展に重要な役目を果たすことを目標に掲げている。同時に、北部沿岸地域における教育、訓練、健康医療、科学、テクノロジーの拠点になることももくろんでいる。(時事)