ホーチミン市、メトロ1号線の資金調達でフック首相に嘆願

 サイゴン・タイムズ紙(電子版)が報じたところによると、ベトナム・ホーチミン市政府はグエン・スアン・フック首相に対し、市内で初となる都市鉄道(メトロ)1号線事業を計画通り進めるため、資金問題に早急に対処するよう求めた。

 市人民委員会のグエン・タイン・フォン委員長は、フック首相とチン・ディン・ズン副首相宛てに書簡を送り、事業者への支払いに国家予算から約2兆ドンの調達を許可するよう訴えた。事業をめぐる抗議、要請などさまざまな問題を軽減し、建設を加速する狙いがある。

 計画投資省が発表した2019年の国家予算からの投資プランでは、メトロ1号線への資金割り当ては記されていない。

 1号線は全長20キロで、1区のベンタイン市場と9区のスオイティエン・パークを結ぶ。(時事)