ハロン市、観光スマートシティを目指す

 国有ベトナム通信(VNA)などによると、観光スマートシティを目指すベトナムのクアンニン省ハロン市は、市民や企業に便利なサービスを提供することを目的に、医療、教育、行政、交通、金融・銀行、税などさまざまな分野で事業を展開する計画だ。

 2017~20年は、スマートシティ開発事業の一環として、スマート照明システムの構築や都市管理のIT化、オンラインによる徴税システムの構築、ハロン湾観光の安全強化など五つの事業を行う。
 ハロン市人民委員会のグエン・ゴック・ソン副委員長によると、これまでに、市内18カ所の主要道路で約3500個のLED(発光ダイオード)電灯を設置した。市公共サービス管理委員会のレ・タイン・クイン副委員長は、照明システムを管理する公共照明管理センターの建設も完了したと話した。
 また、税の徴収ロスを防止するため、34企業でスマート徴税システムを試験実施した。市税務局のグエン・ヒュウ・バン局長によれば、企業や自営業、個人に対する電子請求書を管理するソフトウエアの使用やITの応用を強化している。現在、地元企業3607社のうち986社が電子請求書を使用し、3000社超がオンライン納税を行っている。同局では、19年末までに地元企業の60%、20年には100%の企業が電子請求書を導入するよう目指している。
 病院でもIT化が進んでいる。省総合病院、産科・小児病院、バイチャイ病院はペーパーレスを目指し、電子カルテを導入した。
 ハロンはユネスコ世界遺産のハロン湾を有する。50年までに世界レベルの観光・サービス拠点となることを目標にしたマスタープランも首相承認されており、市はこの計画の下、現代的な経済・社会インフラを備えた文明的かつ友好的な海洋観光都市の形成を目指す。(時事)