ホアンキエム湖周辺の歩行者天国、15日から再開=ハノイ

 ベトナム・ハノイ市ホアンキエム区人民委員会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月7日から中止していたホアンキエム湖周辺エリアの歩行者天国を今週末の15日から再開することを決めた。実施時間は、以前と同じ金曜日午後7時から日曜日午後12時まで。当局からの安全面などの指示を守ることが条件。ベトナム紙ハノイ・タイムズ(電子版)などが伝えた。

 同人民委の発表によれば、新型コロナの流行が抑制されていることからホアンキエム湖周辺道路の週末の車両通行禁止と住民活動の再開を認めた。ハノイ市は先に、新型コロナ感染症対策の新たな段階を発表し、経済活動を再開させている。
 ハノイの中心部に位置するホアンキエム湖および周辺地域の歩行者天国は、昼間が3000~5000人、夜間は1万5000~2万人が訪れる人気スポットとなっており、市民の新しいライフスタイルと、平和都市としてのイメージ宣伝に寄与している。(時事)