フック首相、不動産バブル沈静措置を指示=ダナンとクアンナム省に

 【ハノイ時事】ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、不動産価格の高騰が著しい中部の中核都市ダナンと隣接するクアンナム省の人民委員会に対し、必要な措置を講じて市況安定に努めるよう指示した。住宅やビルの建設、リゾート開発が急速に進むダナン周辺では「不動産バブル」的な状況が起きており、早期に沈静させないと経済・社会の混乱を招くと政府が判断し、指示につながったとみられる。

 フック首相は、財務省や天然資源・環境省との連携を求めた。
 ダナンでは、市内の開発計画などをめぐる誤った情報が広がり、対象地域で土地取引が急増する事例が複数、報告された。このためダナン市当局は先月、不動産関係の管理・監督を強化することを公表した。旧日本人町のある観光地ホイアンなどを抱えるクアンナム省も不動産価格の上昇が目立ち、報道によれば、土地利用権の譲渡制限などが検討されている。