ハノイ-ハイフォン高速道建設費4兆ドンの支払い認めず=国会

 オンラインメディアのVNエクスプレス報じたところによると、ベトナムの国会は、ハノイ-ハイフォン高速道路建設事業費として国家予算から4兆ドン(1億7100万ドル)を支払うよう求めていた政府の申請を認めず、他の財源から所要額を捻出するよう指示した。

 政府は、高速道の共同出資者であるベトナムインフラ開発・金融投資総合会社(VIDIFI)に4兆ドン超を支払うことになっているが、資金不足のため支払いが遅れている。
 ベトナムは2016~20年の国家公共投資計画の下、重要事業向けに10兆ドン(4億2700万ドル)を確保しており、政府はこの一部を高速道の事業費に振り向けることは「適当だ」と主張していた。
 これに対し国会は、10兆ドンは堤防設備の強化または河川岸浸食防止設備、国家予算プロジェクト下での用地開拓の立ち退きへの賠償金などに向けるべきだとし、高速道向けの支出を認めなかった。
 ハノイ-ハイフォン高速道路は15年に完成しており、総工費は45兆ドン。政府はうち30~50%の13兆~22兆ドンを負担することになっている。(時事)