時価総額10億ドル企業を10社以上=「4.0」戦略案で目標示す

 ベトナム計画投資省はこのほど、ITや人工知能(AI)を活用した第4次産業革命(インダストリー4.0)に関する国家戦略案を公表した。戦略案は、企業に「4.0」がもたらす技術を採用させることで、株式時価総額で10億ドル超の企業を2025年までに5社以上、30年までに10社以上にするとの目標を掲げている。ハノイタイムズ紙(電子版)が伝えた。

 戦略案では、「4.0」から得られる技術を採用する企業の比率を、25年までに20%以上、30年までに40%以上にすると規定。研究開発活動に対する社会全体の投資を、30年までに国内総生産(GDP)の2%にするとしている。また、先端技術を採用する優先分野として公共行政、電力・水道供給、教育、ヘルスケア、製造業、農業、物流、通商、通信、金融・銀行を挙げている。
 一方、戦略を推進する機関としては、新たに「国家インダストリー4.0委員会」を設置するか、経済再編と成長モデル改革に関する国家運営委員会を改組し、「成長と第4次産業革命に関する国家運営委員会」とするかの2選択肢を提示している。(時事)