2省と副首相1人の削減を提案=政府組織再編で内務省

 ベトナム内務省傘下の国家組織科学研究所はこのほど、2021~26年の政府組織再編案を提案した。この中で、現在の22省を20省に削減する他、各省の役割や機能も再編。また、現在5人いる副首相を4人に減らすとしている。ベトナム・ニュース紙(電子版)が報じた。

 再編案は、同研究所のレ・アイン・トゥアン所長が19日記者会見して公表した。それによると、財務省と計画投資省、運輸省と建設省を統合して2省を削減し、それぞれ「財務・計画投資省」「運輸建設省」として新たに発足させるよう提言している。
 また、教育訓練省を「教育省」とし、訓練の役割は科学技術省に移管して「科学技術訓練省」にそれぞれ再編。さらに、商工省と文化・スポーツ・観光省を、「商工・観光省」「文化・スポーツ・青年省」として再編するとしている。
 再編案は、政府15省を有する米国、14省のドイツ、16省のシンガポール、18省のフランスといった先進各国の例を参考に策定されたという。(時事)