車のナンバー、オークション導入へ=公安省、法制化準備

 ベトナム公安省交通警察局は、車のナンバープレートの番号について、オークション方式を導入する。国庫への歳入増を図るのが狙いで、法制化の作業を進めている。オンラインメディアのVNエクスプレスが8日、報じた。

 同交通警察局はこれまで、プレート番号のオークション導入を長年にわたって推進してきたが、既存の「所有物オークション法」により、実現できないでいた。ナンバープレートは同法ではオークションにかける価値があるリストに掲載されていない。
 しかし、同交通警察局によると、国会は最近、ナンバープレートのオークション導入に向け、同法の改正を促されているという。新たな法的枠組みでは、通常の白いプレートに黒字のナンバープレートがオークション対象となる方向だ。
 また、オークションによる収入は国庫に納入。地方当局は事前目的の事業に支出することができるが、財務省に四半期と年次報告を行うことが義務づけられる見込みだ。
 同交通警察局は、既に多くのナンバープレートがあり、国庫への納入額はかなりの額になると予想。グエン・バン・カン国会議員は今後3年で、ナンバープレートのオークション収入は14兆ドル(6億1800万ドル)に達するだろうと話している。(時事)