ハノイ都市鉄道、初乗り運賃8000ドン=人民委員会が試験期間の案を公表

 【ハノイ時事】ベトナムの首都ハノイの人民委員会は、同国で最初の都市鉄道として営業運転開始を予定する「カットリン-ハドン線」の運賃案を公表した。オンラインメディア・ザンチーによれば、初乗りは8000ドン(約40円)、全線12駅を乗車する場合は1万5000ドン(約75円)。1日に何度も乗降できるフリー切符は3万ドン(約150円)、1カ月有効の「定期券」20万ドン(約1000円)。いずれも開業後の試験期間の運賃で、試験期間がいつからいつまでか明らかではない。

 同線は3~5分ごとの運行を計画。工事の遅れなどで開業は当初予定から大きくずれ込み、現在は今年3月末の運転開始を目指している。