ハノイ市、中心部5地区の二輪車登録を制限=特定道路の走行禁止も-来年から

 【ハノイ時事】ベトナムの首都ハノイ市の運輸局は、慢性的な交通渋滞の緩和に向けた中心部の二輪車乗り入れ禁止の第一歩として、ホアンキエム、ハイバーチュン、バーディン、ドンダー、タイホーの5区での二輪車の新規登録台数を2020年から制限する計画を明らかにした。オンラインメディアのVNエクスプレスによれば、25年にはカウザイ、ホアンマイなどの区へ対象区域を拡大する予定だ。

 同時に、古い二輪車を所有者から買い上げるなどの措置を講じ、市民に公共交通の利用を促す。
 また、グエンチャイ、スアントゥイ~カウザイ、ザイフォンなど六つの大通りの一部区間で、平日の通勤・通学時間帯に二輪車の走行を禁止する。さらに、都市鉄道3A号線の開通後はスアントゥイ~カウザイ通りから二輪車を締め出す。
 市当局は、中心部での二輪車の走行を2030年に全面禁止とする方針。