7月27日を祝日に=労働法改正で検討

 【ハノイ時事】ベトナム政府は、民族解放や祖国防衛で死亡・負傷した兵士に感謝を表す「傷兵・烈士の日」(7月27日)を新たに祝日とすることを検討している。今年秋の国会への提出を調整している労働法改正案に盛り込む方向だ。トイチェ紙(電子版)は1日、労働・傷病軍人・社会事業省が、労使から意見聴取するための会議の開催など準備作業を指示する決定文書を出したと伝えた。

 ベトナムは、日本を含む主要国や東南アジアの周辺諸国に比べて祝日が少ない。傷病・烈士の日が追加されれば、多くの国民にとって朗報と言えそうだ。
 現行の労働法は115条で、祝日を(1)元日(2)テト(旧正月)前後の5日間(3)フン王の命日=旧暦3月10日(3)南部解放記念日=4月30日(4)メーデー(5)建国記念日=9月2日-と定めている。