F1開催へ施設整備に全力=観戦客のビザ免除も調整-ハノイ人民委員長

 【ハノイ時事】国営ベトナム通信(VNA)によると、同国のハノイ人民委員会のグエン・ドク・チュン委員長はこのほど、自動車レースのF1世界選手権シリーズの最高責任者チェース・キャリー氏の表敬を受けた。チュン委員長は、来年4月にハノイで開かれるベトナム・グランプリ(GP)の成功に向け、コースや関連施設の整備に全力を尽くす意向を表明。外国から観戦に訪れる客のために、査証(ビザ)の免除も関係機関と調整する考えを示した。

 キャリー氏は、準備の進行状況を高く評価し、F1の開催がハノイとベトナムのイメージ向上に役立つと指摘した。