ベトナム人女性が出所=正男氏殺害事件の実行犯

 【クアラルンプール、ハノイ時事】マレーシアで2017年に北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、実行犯として傷害罪で有罪判決を受けたベトナム人女性のドアン・ティ・フオンさん(30)が3日、刑期を終えてクアラルンプール近郊の刑務所から出所した。同日中に帰国した。

 フオンさんは、マレーシアを出国する前に弁護人を通じて「私のために祈ってくれた全ての人に感謝します」などと手書きした文書を記者団に明らかにした。ハノイの空港に到着したフオンさんは報道陣に「自分の国に帰ってきて、とても幸せ。自宅に帰りたい」などと語り、出迎えた家族らと車で空港を後にした。
 フオンさんは当初、17年2月に北朝鮮国籍の男4人と共謀し、クアラルンプール国際空港で正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを塗り付けて殺害したとして、死刑が適用される殺人罪で起訴された。
 しかし、フオンさんが無罪を主張し、ベトナム政府も釈放を要請したことを受け、マレーシア検察当局は4月1日に罰則の軽い「危険な凶器を用いた傷害罪」に訴因変更。フオンさんが有罪を認めたため、禁錮3年4月の判決が即日言い渡された。刑期は17年2月の逮捕時から適用され、服役態度も良好だったことから期間は短縮された。
 正男氏殺害事件でもう一人の実行犯とされたインドネシア人女性も、3月に検察側が殺人罪での起訴を取り下げて既に釈放されている。