ベトナム中部で深刻な干ばつと水不足=山火事や海水流入も

 ベトナム紙サイゴン・タイムズ(電子版)などによると、ベトナムのクアンチ省やトゥアティエンフエ省、ダナン市など中部の各省・市が深刻な干ばつと水不足に直面している。クアンガイ省では1万1000世帯が水不足に直面しており、コメや作物など1万3000ヘクタールが被害を受ける可能性が出ている。

 大半の貯水池が、雨不足と日照り、気温の上昇で水量が日ごとに減少し、容量の半分以下となった。中には枯渇寸前のところもあるようだ。
 市民生活だけでなくコメや作物の生産にも広範囲に影響が及んでいる。山火事が相次いでいるほか、海水の流入が状況を悪化させている。クアンチ省では塩分濃度が過去最高の16.2%に上ったという。(時事)