労働時間、8割が週44時間に賛成=ベトナム労働総同盟が調査

 オンラインメディアのVNエクスプレスによると、ベトナム労働総同盟(VGCL)は、9日から実施している労働時間短縮に関するオンライン調査の途中結果を発表した。それによると、週間労働時間を現行の48時間から44時間に短縮するのに賛成と回答したのが81%、現行の週6日、週48時間労働を維持するのに賛成したのはわずか19%だった。

 調査結果は10日午後3時時点のもので、約1300人が回答した。調査は5日間行われる。
 VGCLは、12月31日を休日に追加する提案をしており、その資料として今回の調査を行った。ベトナムの週間労働時間は世界で最も長く、休日は周辺国の中で最も少ない。(時事)