テト休みの鉄道券、短距離路線の購入困難=ホーチミン市

 オンラインメディアのザンチーなどによると、ベトナム・ホーチミン市のサイゴン鉄道は2020年テト(旧正月)休み向けの鉄道チケットを28万7000枚販売すると発表したが、短距離路線は枚数が少ないため、希望するルートのチケットが入手しにくい状況だという。

 どうしても帰省したい人は目的地より先までの中距離のチケットを購入し、余分な出費を余儀なくされている。また、必要な枚数を購入できない人もいる。そうした中、「いつでも何枚でもチケットを用意できる」と宣伝するブローカーもあり、サイゴン鉄道は詐欺被害が多発しているとして、第三者からのチケット購入に注意を呼び掛けている。
 一方、ハノイではテト休みの鉄道チケットを購入する客はまだ少ない。ハノイ鉄道によれば、ハノイ市民はテト休みが近づいてからチケットを購入するのが常だという。また、ハノイからタインホアやビンまでの人気の短距離ルートは特別臨時列車のチケット販売がテト近くになってから行われる。
 ハノイ鉄道では、10月20日午後2時までに計1万1000枚のチケットが売れた。チケットはdsvn.vn、vetauonline.vn、vetau.com.vn の各ウェブサイトなどで購入できる。(時事)