タインホア省など各地で流行終息へ準備

 ベトナム保健省によると、国内ではカインホア省など多くの地域で新型コロナウイルスの感染防止対策に成功している。オンラインメディアのザンチ―が伝えた。

 国のコロナウイルス感染予防・対策委員会は17日、各地における状況を発表した。タインホア省では23日間、カインホア省では30日以上新たな感染者が出ていないという。
 保健省のドー・スアン・トゥエン次官は「カインホア省は指針に従って予防措置を実施している。われわれは省当局と協力し、流行終息宣言の申請手続きをする作業を進めている」と述べた。
 タインホア省も1月24日以降、確認された感染者は1人のままで、この先5日以内に新たな感染例が出なければ、保健省に終息宣言の許可を求める方針。
 トゥエン次官によると、ビンフック省ソンロイ村での感染拡大防止策は効果的に実施されており、過去7日間に新たな感染者は出ていない。ただ、「結果が良好であっても、進展を注視し、各地の状況に応じた対策を講じていく」との考えも示した。
 ベトナムでは、これまでに確認された16人の感染者のうち7人が完治しており、当局は学校の再開を計画している。(時事)