国有ベトナム鉄道、19日間の売り上げ650億ドン減少=新型肺炎の影響で

 国有ベトナム鉄道(VR)は、この19日間の売り上げが、前年同期比で約650億ドン(280万ドル)減少したと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大が影響した。ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。

 3万9000枚以上の切符が払い戻されたほか、乗客減少で、鉄道各社は計画より8.3%少ない78本の鉄道運行の停止を余儀なくされた。
 乗客輸送の売り上げは548億ドン、貨物輸送は99億ドンそれぞれ減少する見通し。
 VRは、売り上げへの減少を最小限に抑えるため、南北鉄道料金の引き下げなどの対策を講じている。
 しかし、新型肺炎の拡大が続いていることや、航空機など他の移動手段でも料金が引き下げられているため、十分に乗客を呼び込めていない状況という。(時事)