韓国・感染地域からの渡航者の隔離検討=新型肺炎の拡大防止で―ハノイ

 【ハノイ時事】オンラインメディアのVNエクスプレスによると、ベトナムの首都ハノイ市当局は23日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大防止策を話し合う会合を開き、必要な対策などの見直し作業を進めた。市保健局のホアン・ドク・ハイン副局長は、感染者が急増している韓国の大邱市、慶尚北道などからの渡航者に隔離措置を講じるよう提案した。

 ハノイでは最近、大邱市から帰国したベトナム人学生がノイバイ国際空港からタイビン省に帰宅する際タクシーを利用。ハノイ在住のタクシー運転手は自宅で、学生はタイビン省の病院で、それぞれ隔離措置となっている。ハイン副局長は、「ルールに従い、感染者が確認された地域から帰国するベトナム人への隔離措置を続ける」と語った。
 ハノイ市人民委員会のグエン・ドク・チュン委員長は関係機関に対して、感染地域からの訪問者への監督を強化し、感染拡大を防ぐ計画をまとめるよう要請した。
 ベトナム保健省は、すべての外国からの渡航者に対して、空港で発熱などの症状が確認された場合、帰国するよう勧告している。勧告に従わずにベトナムへの入国を希望する場合には、医療機関で14日間の隔離措置が必要になるという。
 オンラインメディアのジングによると、ホーチミン市でも、韓国からの渡航者に対する隔離措置を検討するよう求める意見が出ているという。