都市封鎖への万全の備えを要請=ハノイ、ホーチミン市に―フック首相

 【ハノイ時事】ベトナムのグエン・スアン・フック首相は29日、ハノイ、ホーチミン市など全国五つの中央直轄市と新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けたテレビ会議を開いた。首相は「国全体が(感染拡大に対処する)ピークの期間に入ってきている」と強調。特に、ハノイとホーチミン市の人民委員会には「(最悪の場合の)都市全体の封鎖への備えを万全にするため、感染予防措置の点検・更新作業を進めなければならない」と要請した。

 フック首相は各市の当局に食品を含めた物資、人材などを確保するとともに、こうした物資の値上げを厳しく取り締まるよう求めた。地方の草の根レベルで戸別訪問などを行い、可能な限り早期に感染者を発見する必要があるとの認識を示した。
 保健省、公安省とハノイ、ホーチミン両市の人民委員会には感染者が相次いだハノイの「国立バックマイ病院」、ホーチミン市の「ブッダバー」といった場所を徹底的に監視するよう要請。このほか、運輸省には今後2週間、乗客をベトナム国内に輸送する航空便を引き続き運休とするほか、両市から他の地方へのフライトをできる限り減らすよう指示した。