ベトナム航空、機内サービス再開

 ベトナム紙サイゴン・タイムズ(電子版)によると、新型コロナウイルスの封じ込めが進んだことを受け、ベトナム航空の多くの機内および地上サービスが再開した。ウイルス対策の予防措置は引き続き適用し、乗客と乗員の健康と安全を確保する方針だ。

 ベトナム航空は5月15日から、機内食や個包装済みの菓子、容器入りの飲み物などを提供し、接触を最低限にとどめる。機内食はフライトスケジュールや座席クラスによって異なり、1カ月に2回、違うオプションが選べるように調整する。ただし、アルコール飲料の提供は停止し、ビジネスクラスでは乗客の健康増進にフルーツジュースを増やす。
 備品の使い回しを少なくするため、新聞や雑誌、パンフレットなどは配布せず、ヘッドホンはボーイング787型機とエアバスA350型機で運航されるハノイ-ホーチミン線のみで利用可能となる。機内に搭載する毛布の数も制限し、高齢者や子ども、健康に問題を抱える乗客に優先的に提供する。
 同社は5月8日、ノイバイ、ダナン、タンソンニャットの各国際空港のロータスラウンジと各地方空港のビジネスクラス向けラウンジを再開した。利用者はラウンジに入る前に検温することになっている。(時事)