5月の空港利用客数、前年比70%減=前月からは高い伸び

 ベトナム民間航空局(CAAV)によると、5月にベトナム全国の空港を利用した旅客数は約288万人に達し、前年同月比70%減の水準だった。ベトナム・ニュース紙(電子版)が伝えた。

 これらの旅客のうち、国際線の利用客数は97.6%減の約7万8000人、国内線は56.6%減の約280万人となった。
 前年同月と比べると、輸送旅客数は今月も大幅に減少したが、国内の新型コロナウイルスの流行が落ち着いてきたことで厳格な規制措置が緩和され、4月の前年同月比98%減の18万8000人(国際線2万1000人、国内線16万7000人)に比べれば顕著に伸びている。
 ベトナム統計総局によると、5月の外国人訪問客数は2万2700人と過去数年で最低水準だった。前年同月比では98.3%減、前月比では13.6%減。新型コロナ対策の入国規制などを引き続き実施し、外国からの観光客を受け入れていないことが影響している。1~5月の累計では、前年同期比48.8%減の370万人だった。(ハノイ時事)