20年は2050万人の外国人客獲得目指す=国内旅行者は9000万人―ベトナム観光業界

 【ハノイ時事】ベトナム観光業界が2020年に2050万人前後の外国人旅行客の受け入れを目指す目標を掲げている。国内旅行客の目標は約9000万人とした。これにより、830兆ドン(約358億ドル)超の観光収入を見込んでいる。ニャンザン紙(電子版)が報じた。

 文化・スポーツ・観光省傘下のベトナム観光総局(VNAT)が23日、ハノイで開いた会合で目標が示された。19年の外国人旅行客数は推定1800万人で、前年水準を16%強上回ったもよう。国内旅行者数は8500万人で6%超の伸びになるとみられている。観光収入は16%増の720兆ドン(約310億ドル)超に達する見通し。
 16~19年の年間平均伸び率は22%で、ベトナムは旅行者の増加ペースで世界のトップ10に入っている。
 ベトナム観光業界は20年の目標を達成するため、観光開発への支援基金を運営するほか、ハノイでの自動車F1シリーズのレースをはじめとした主要イベントで積極的な誘致活動を展開する見込み。