米朝首脳、合意できず=非核化と制裁解除で溝-交渉の行方不透明に

 【ハノイ時事】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は28日、ベトナムの首都ハノイで2日間の日程で行った首脳会談を終えた。両首脳は非核化で合意に達せず、文書の署名は見送られた。トランプ氏は会談後の記者会見で、北朝鮮側が一部の核施設を非核化する見返りに制裁の全面解除を求めたことを明らかにし「受け入れられなかった」と説明した。

 トランプ氏によると、正恩氏は黒鉛減速炉や再処理施設がある寧辺の核施設などを廃棄する意思を伝えたが、その見返りとして制裁の全面解除を要求。ただ、米側はウラン濃縮施設や核弾頭などに非核化措置の対象を広げるよう求め、寧辺の施設廃棄だけでは「不十分」としてこれを拒否した。ロイター通信によると、ポンペオ国務長官はハノイからマニラに向かう機内で記者団に、会談で核能力申告を改めて要請したことを明らかにした。
 一方、トランプ氏は会見で、正恩氏との関係を継続すると表明。ポンペオ氏も「今後数日、数週間で進展が得られることを期待する」と交渉継続への意欲を示したが、実務者による協議の具体的な日程は決まっていないという。トップ交渉でも双方の隔たりを埋められなかったことで、非核化交渉の行方は一層不透明となった。
 トランプ氏はまた、正恩氏が今後、核・ミサイル実験をしないことを再確認したと指摘し、経済制裁の強化については「話したくない」と明言を避けた。トランプ氏は正恩氏に日本人拉致問題も提起した。
 2日目となった28日の会談は、午前から1対1形式の協議が始まり、側近を交えた拡大会合へ移行。しかし両首脳は会合後に予定されていた昼食会に出席せず、会談場を後にした。
 正恩氏はこれに先立ち、会談冒頭で記者団に非核化について問われ「その意思がなければここには来なかった。われわれは今、その話をしている」と核放棄の意向を再確認。正恩氏は米国の連絡事務所が平壌に設置されるなら「歓迎すべきことだ」とも語り、トランプ氏も「素晴らしいことだ」と応じた。 
 昨年6月にシンガポールで行われた初の米朝首脳会談では、(1) 新しい米朝関係実現(2) 平和体制構築(3)「完全な非核化」(4) 朝鮮戦争で行方不明になった米兵の遺骨返還-の4項目に合意した。2回目となる今回の会談では、それぞれの項目について具体的な措置を討議したが、最大の焦点の非核化問題で折り合えなかった。