ベトナム税関総局長、産地偽装の点検・監視強化を指示=米中摩擦激化で「迂回」警戒

 【ハノイ時事】ベトナム税関総局のグエン・バン・カン局長はこのほど、産地・製造国を「ベトナム」と偽った農林水産品や工業製品などの他国への輸出を防ぐため、原産地証明や商品表示の検査を強化するよう各地の税関当局に指示した。特に中国から輸入された産品・製品に注意を促している。

 米中貿易摩擦の激化に伴い、中国製品をベトナムに持ち込み、「ベトナム製」と偽って米国へ送る「迂回(うかい)輸出」が報告されているのを受けた措置。ベトナムの産品・製品が高関税の対象となり、企業の業績やベトナム経済に悪影響が及ぶのを阻止する狙い。
 税関総局は、産地・製造国の偽装が判明したものとして、繊維や海産物、農産品、タイル、ハチミツ、鉄鋼、アルミニウム、合板などを列挙。書類上は「中国製」と申告された音響機器や携帯電話の充電用ケーブルの表面に「ベトナム製」と表示されていた事例や、中国から輸入した合板をベトナム製として米国へ輸出したケースを紹介している。
 また、「偽ベトナム製」産品・製品の行き先は米国のほか欧州、日本にも及んでいると指摘した。