「質の高いインフラ」で協力を=広範な業種・分野の投資拡大も期待-フック首相

 【ハノイ時事】ベトナムのグエン・スアン・フック首相は26日、時事通信などとの書面インタビューに応じた。フック首相は、日本政府が推進する「質の高いインフラ」に関連して「日本がベトナムを『優先的なパートナー』とみなすことを望む」として、ベトナムのインフラ整備で先端・環境配慮型技術を取り入れた日本の協力を要請した。

 また、日越関係の深化を踏まえて、日本企業に対し「ベトナムでの協力案件や投資を強化する好機だ」と呼び掛け、製造業やエネルギー、IT、スマートシティー、先進農業、金融などの幅広い業種・分野の投資および事業拡大への期待を示した。
 ベトナム政府が重要課題と位置付ける国有企業改革についても、日本企業の出資などを促した。