中国が「EEZ侵害」=南シナ海調査でベトナム抗議

 【ハノイ時事】ベトナム外務省報道官は19日、中国の船舶による南シナ海での海洋調査に関して声明を発表し、「ベトナムの排他的経済水域(EEZ)を侵害する行為だ」と不快感を表明した。「国連海洋法で認められた大陸棚であり、完全にベトナムの海域内だ」とも指摘し、中国に侵害行為をやめるよう求めた。

 報道官は「さまざまなルートで複数回にわたった中国との接触で、侵害行為に抗議した。すべての違法行為をやめてベトナムの海域から船舶を引き揚げさせるよう、中国に断固要請した」と主張。「ベトナムの主権などを尊重することも中国に求めた。それが両国関係や地域の安定と平和にとって利益になる」と強調した。
 ロイター通信によると、中国はベトナムと領有権を争う南シナ海の海域で海洋調査を進め、両国がにらみ合いの状態になっていたという。