フック越首相「日本との戦略的パートナーシップ重視」=日越友好議連の武部特別顧問と会談

 ベトナムのグエン・スアン・フック首相は22日、ベトナムを訪問した日越友好議員連盟の武部勤特別顧問とハノイで会談し、「ベトナムは日本との包括的な協力と広範な戦略的パートナーシップを重視しており、実りある関係を構築するための努力を惜しまない」などと語った。国営ベトナム通信(VNA)が伝えた。

 フック首相は、武部氏を歓迎するともに、今回の参院選での与党・自民党の勝利に祝意を述べた。
 武部氏は、自民党と日越友好議連は東南アジア諸国との協力や友好を強化したいと考えており、日越両政府の協力で設立された日越大学はベトナムのダイナミックな発展に大きく寄与すると信じていると語った。
 フック首相は、日越大学事業は両国関係の「灯台」だと強調。大学が効果的に活動できるための条件をベトナム政府が提供する旨を伝えた。また、両国関係強化への武部氏の一層の尽力を要請した。(時事)