米、南シナ海で航行の自由作戦=中国「無許可で進入」と批判

 【ワシントン時事】米海軍のミサイル駆逐艦「ウェイン・E・マイヤー」は13日、中国が領有権を主張する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島付近を航行した。過剰な海洋権益主張を否定する「航行の自由作戦」の一環。

 米第7艦隊報道官は「中国は国際法で認められる以上の領海や排他的経済水域、大陸棚の領有を主張している」と批判。同作戦により「これらの海域が、中国が合法的に領海と主張できないものであることを示した」と述べた。
 パラセル諸島は中国だけでなく、ベトナムや台湾も領有権を主張し、周辺海域を通過する船舶に航行許可を得るか、事前に通知するよう求めている。だが、同報道官は「国際法では無害通航に対し、一方的に許可取得を要求することは認められていない」と批判した。
 ロイター通信によると、中国人民解放軍は米軍艦が許可なく海域に進入したと批判。「中国は南シナ海の島々とその周辺海域において反論の余地のない主権を有している」と主張した。