ベトナム人の就労拡大で一致=二階自民幹事長とフック首相が会談

 【ダナン時事】ベトナムを訪問中の二階俊博自民党幹事長は12日、中部ホイアン近郊でグエン・スアン・フック首相と会談した。二階氏は会談後、記者団に対し、日本でのベトナム人の就労を拡大させることで一致したと明らかにした。ベトナム人の働きやすい環境を整備するため、両国政府が悪質業者の徹底的な排除で協力することも確認した。

 フック首相は会談で、二階氏が日本企業や地方自治体など1000人を超える関係者を率いて訪越したことに触れ、「(幅広い分野で拡大する)両国の戦略的なパートナーシップの証左だ」と歓迎。二階氏は、若い世代の人材交流の一環で今後5年間に150人のベトナム人学生を日本に招待する考えを伝えた。自然災害への対応では、日本の知見共有などで協力を進めることを決めた。
 会談に併せ、北海道とベトナム観光総局による観光分野の協力をはじめ両国の連携などをうたった12件の覚書が交わされた。

◇日越で交換された覚書
(1) 国土交通省と農業・地方開発省による防災協力改定
(2) 国際協力機構(JICA)と天然資源・環境省による洪水早期警報システムなどの能力強化プロジェクトの機材供与
(3) JICAと農業省による緊急ダム運用などの計画に関する一部成果
(4) 北海道庁と観光総局による観光分野協力
(5) CWSジャパンとトゥエンクアン省による災害対応力の向上事業
(6) 日本旅行業協会(JATA)とベトナム旅行会社協会(VISTA)による双方向の観光交流協力
(7) 東京ガス・丸紅とペトロベトナム(PV)傘下のPVパワーによるクアンニン省などでのプロジェクト共同実施
(8) グランソール奈良・グランソールベトナムとハノイ医科大学付属病院による日本式人間ドック実施の検討
(9) 三菱日立パワーシステムズとベトナム電力公社(EVN)グループによる人材育成などの協力
(10) ジュピターSOMハイフォンとディープC工業団地による物流センター新設
(11) 十一屋鉱業とディープC工業団地による溶接工場用地の拡張
(12) 和歌山県紀の川市とクアンナム省による友好協力関係の構築