新型肺炎に「深刻な懸念」表明=域内の結束など強調―ASEAN 国防相会合が共同声明

 【ハノイ時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会合が19日、ベトナム・ハノイのホテルで開かれ、新型コロナウイルスによる肺炎への対応に関する共同声明をまとめた。声明は新型肺炎について「国民の幸せや経済発展、地域の安全と安定に影響を及ぼす」とし、「深刻な懸念」を表明した。

「予測不可能な感染拡大の影響に対処するため、域内や国際的な協調が求められている」とし、各国が結束する重要性を強調した。
 声明はまた、軍関連の医療協力や平和で安心・安全な環境の確保に向けた情報共有など、国防当局間で連携を深めていく方針を確認。域内の人々に悪影響を及ぼしかねない病気への対処で、ASEANが結束し、団結する重要性を訴えた。