抗マラリア薬とインフル薬を追加=中国・新型肺炎治療計画

 【北京時事】中国国家衛生健康委員会は19日、新型コロナウイルスによる肺炎の治療計画を改定し、試用する薬に抗マラリア薬「リン酸クロロキン」と抗インフルエンザ薬「アルビドール」を加えた。これまでの臨床試験で一定の効果が確認できたため、試験対象を拡大する。

 感染経路については、飛沫(ひまつ)感染と濃厚接触感染が主としながらも、「閉鎖空間で長時間、高濃度のエアロゾル(浮遊する微粒子)に触れた場合の感染の可能性」を追加。空気感染に近い感染もあり得るとの認識を示した。 
 一方、湖北省で早期治療のため13日から採用した「臨床診断」による感染確認は廃止した。