ベトナム漁業協会、中国の休漁期間設定に反発=領有権争う南シナ海の海域

 【ハノイ時事】国営ラジオ・ベトナムの声(VOV)によると、ベトナム漁業協会は4日、首相府、農業・地方開発省、外務省、党中央対外関係委員会に文書を送り、中国による南シナ海の海域での休漁期間の設定に反対する意向を伝えた。中国はベトナムと領有権を争う南シナ海にあるホアンサ(パラセル、西沙)群島と北部湾の一部を含む大部分の海域で、5月1日から8月16日を休漁期間にすると発表していた。

 漁業協会は「中国当局による休漁期間の設定はホアンサ群島に対するベトナム領有権や1982年の国連海洋法条約に規定されたベトナムの権利に違反し、ベトナム漁民の漁獲活動を妨げるものだ」と批判。中国の行為に強く反発するとともにベトナムが領有権を主張する海域で中国の規制が無効であると訴えた。