日本に14万枚の医療マスク贈呈=新型コロナ対策支援で―ベトナム政府

 【ハノイ時事】ベトナム政府は8日、新型コロナウイルスの感染防止に取り組む日本政府を支援するため、14万枚の医療用マスクを提供する贈呈式を開いた。ベトナム側のレ・ホアイ・チュン外務次官は「日本政府と国民が一日も早く新型コロナによる困難を乗り越えることを望む。国際社会で緊密に協力し、新型コロナの終息に向けて取り組みたい」と語った。

 式典に出席した山田滝雄駐ベトナム日本大使は「今回の14万枚のマスク贈呈は、日本とベトナムの新しい、前向きな友好関係の発展の象徴だ」と言明。マスクの寄贈に謝意を表しつつ、新型コロナ対策、ベトナム経済の回復などで「可能な限り協力していきたい」と伝えた。
 安倍晋三首相とグエン・スアン・フック首相は4日に行った電話会談で、新型コロナ対策で連携する方針を確認。フック首相は医療用マスクを日本に提供する考えを示し、今回の贈呈式となった。ベトナム政府は4月16日にも、日本に5万枚の医療用マスクの寄贈する式典を開いていた。