短期商用の外国人滞在区域を整備へ=公務や交渉での来越

 ベトナム政府は、短期商用目的で入国する外国人の専門家、投資家、ビジネス関係者専用の滞在区域を整備する計画を明らかにした。徹底した衛生管理下で、新型コロナウイルスのPCR検査設備を備える方針だ。ベトナム・ニュース(電子版)が伝えた。

 新型コロナウイルスの感染防止対策を担う国家運営委員会は18日の会議で、公務もしくは貿易・投資契約交渉や署名などで来越する外国人向けの区域だと説明。外務省のトー・アン・ズン次官に対し、構築に向けた作業グループの立ち上げを主導し、関連当局と協力するよう要請した。
 また同委は、新型コロナの感染拡大を抑制した国・地域との民間フライトの再開を提案することにも合意した。
 保健省のグエン・タイン・ロン次官は、ベトナムは新型コロナ感染の拡大を抑えながら社会経済の復興を目指す「新たな日常」に突入したと指摘した。
 またロン氏は、中国を含む一部の国が新型コロナ感染の第2波に見舞われていることを受け、ベトナムは国外からウイルスが持ち込まれる危険性が高いと指摘した。
 運営委員会は会議出席者に対し、引き続き警戒し、新たなシナリオに備えるよう呼びかけた。(時事)