南シナ海の安全確保で一致=中国の動き念頭―ASEAN首脳会議

 【ハノイ時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)各国は26日、テレビ会議形式で首脳会議を開き、中国が実効支配を強める南シナ海情勢などを討議した。議長を務めたベトナムのグエン・スアン・フック首相は開会式で「全世界が新型コロナウイルス対策を進める中、依然として無責任な行動や国際法に反する行為が行われている」と、名指しを避けつつ中国を批判。会議後の記者会見では「(地域の)平和と安定、安全などを引き続き確保することで合意した」と語り、各国で南シナ海の安全確保に取り組む方針を確認したことを明らかにした。

 フィリピンのドゥテルテ大統領も会議で「緊張の高まりを回避し、国際法に基づき責任を果たすよう求める」と述べ、各国が冷静に対応する必要性を訴えた。 
 中国は4月下旬、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島や西沙(同パラセル)諸島を管轄する行政区を設置したと発表。中国によってフィリピンの軍艦がレーダー照射されたり、ベトナムの漁船が沈没したりする事態も発生しており、領有権を争う関係国は警戒を強めている。